部署紹介 編集部


編集部のお仕事は?

先生方との密接なコミュニケーション

編集部/写真1

編集部のおもな業務は,高等学校用文部科学省検定教科書の制作,教科書をサポートする副教材の制作,メディア商品の制作サポートです。
教科書は,企画立案→著者編成→原稿審議→編集作業→検定申請→見本本の作成,供給本の印刷等のプロセスを経て,実際に学校で使われるまで,4年以上の歳月を要します。
良い教科書をつくるためには,編集者には教科に関する専門知識が必要ですし,教育現場のニーズを的確に把握することや著者の先生方との密接なコミュニケーションも大切です。



ディレクターとしての役割

編集部/写真2

副教材では,メイン商品である英語参考書,国語便覧,理科の図説,地歴・公民の図表・資料集,家庭科のカラー資料集などの編集には多くの時間と労力がかけられます。いずれも編集者には高い編集技術と豊かな編集感覚が必要とされますが,一方で著者の先生方やデザイナーなど,多くの人との関わりの中から生み出される商品ですので,いわばディレクターとしての編集者の役割も非常に大きいものがあります。




メディア商品の制作サポート

編集部/写真3 そのほか,これら教科書・副教材に関連したメディア教材や音声教材の企画・制作サポートも編集部の重要な業務です。本格的な情報化の時代を迎え,新しいメディア商品(デジタル教科書など)の企画・開発にも積極的に取り組んでいます。





教科書ができるまで➡

       (↑こちらでは編集部の仕事をもう少し詳しく説明しています。)

UP



こんな人を待っています!

「企画・制作に情熱を傾けられる」ことこそ,編集者にとって必要な条件です。しかし情熱だけでは良い商品はできません。編集部は次のような人物を求めています。

編集部/写真4
  1. 独創性と行動力のある人
  2. 知的好奇心が旺盛で,視野の広い人
  3. 時代の一歩先を読める先見性のある人
  4. 周囲の人と協力できる人
  5. 意見を的確に伝える説得力のある人
  6. さまざまなメディアについて関心の高い人
  7. 礼儀正しい人

編集部/写真5 幅広い顧客のニーズをつかみ,魅力ある紙面をつくり,著者をはじめ周囲のスタッフと円滑に業務を遂行して良い教科書や副教材が編集できることは,どれも大事な条件です。
最初からすべて兼ね備えることは難しいですが,鋭敏な感覚をもち,フレキシブルな頭脳をもつみなさんにとって,編集業務は挑戦するに値する仕事ではないでしょうか。
情報化の時代,斬新な感性をもって,新しい教科書・教材をつくってみませんか?

UP



編集部 社員へのインタビュー

〈広島本社〉編集部・英語課
     北野 孝洋 (神戸市外国語大学・外国語学部卒)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
教科書の仕事では,授業で使う音声CDの作成・チェックや,教科書本文の原稿整理をしてきました。副教材(問題集・参考書など)の仕事では,著者からいただいた原稿のチェックや,本になる前の校正などをしてきました。
Q2.この会社を選んだ理由は?
教育に携わることで,直接的に社会貢献ができると考えたから/自分が就職までに得意分野としてきたことを活かせると思ったから/教科書は今後もなくなることはないので,長いスパンでの仕事ができると思ったから
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
WORD,EXCELの技能が飛躍的に向上しました。就職前は知らなかった機能がたくさんあることに気づきました。「こんなこといいな♪ できたらいいな♪」は工夫と知識しだいでだいたいなんとかなるものです。
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
オンとオフを使い分けること。work on and onとwork on and (sometimes) offを比較した場合,一つのonの質は後者のほうが高いものです。
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
私たちの仕事は,大きく2つに分けることができます。一つは本づくりに必要な「出版」の仕事,もう一つは各教科の知識をはじめとする「教育」の仕事です。ほとんどの場合,どちらかはゼロからのスタートとなります。知識を受け入れる謙虚さと,知識を活用する意欲が必要となる仕事です。

〈広島本社〉編集部・数学課
     黒﨑 勇樹 (岡山大学・理学部卒)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
数学の教科書や問題集の編集作業を担当しています。企画立案では従来の考えにとらわれない柔軟な発想,校正作業ではミスをなくすため地道な点検をくり返す体力と集中力が必要です。
Q2.この会社を選んだ理由は?
大学の求人掲示板で初めて知りました。数学に携わる仕事を探していたため,見つけた瞬間に応募しました。
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
出版と教育の側面があるこの会社では様々なことが身に付いたと思います。本が完成するまでの出版的な専門知識や,高校の先生から編集会議などを通じて,指導法や興味を持たせるコツなど教育現場ならではの話を聞くことができます。
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
まずはチャレンジしてみる。どんなことも経験として糧になると信じ,可能な限り実践してみることをモットーとしています。
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
数学が大好きな方をお待ちしております。地道な作業もあり,具体的な仕事がイメージしにくいかもしれませんが,やりがいのある仕事だと思います。皆様のご応募をお待ちしております。

〈広島本社〉編集部・国語課
     飯村 充基 (筑波大学大学院・人文社会科学研究科卒)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
担当教科は国語で、現代文の教科書・副教材の編集を担当しています。商品の企画から印刷に至るまで、一つの商品の制作を最初から最後まで自分の手で手掛けられるのが、ここで仕事をする魅力の一つだと感じています。
Q2.この会社を選んだ理由は?
教育関係の仕事に就きたいと考え、塾や教材会社を中心に就職活動をしていました。最初は社会の編集を希望して履歴書を送ったのですが、「国語の編集をやってみないか」と言われてびっくりしました。そういった会社の姿勢を「おもしろい!」と感じたのがいちばん大きかったと思います。
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
現代文では、文学・文化から科学・自然まで、幅広いジャンルの文章を読みこなすことが求められます。まだ勤めはじめて数年ですが、かなり見識が広がりました。
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
「効率重視」です。お客さんがいて納期がある仕事ですから、まずは締め切り厳守が一番。そのうえで一つ一つの作業にかかる時間を抑えて余裕を作れれば、完成度を高めるためにかける時間も増やせます。
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
私は大学院では経済学を専門にしていましたが、縁あって国語の教材を編集する仕事に就くことになりました。社会に出るということは、多かれ少なかれ新しいチャレンジです。少しでも興味が湧いたら、まずは話を聞きにきてみてください!

<広島本社> 編集部・理科課     豊島 博子 (筑波大学大学院・生命環境科学研究科生物資源科学専攻)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
担当教科は理科で,「生物」の教科書,副教材の編集作業を担当しています。仕事の内容は,著者とのやりとり,原稿のレイアウト作成・整理・校正などです。教科書などに載せる図版の下絵を描いたりもします。
Q2.この会社を選んだ理由は?
人に情報をわかり易く,興味深く伝えることに興味があり,また,自分が今まで学んできた生物の知識を生かせると考えたからです。自分自身が高校時代愛用していた「総合図説生物」や問題集の「セミナー生物」をつくっている会社であるというのが,直接のきっかけになりました。
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
情報をまとめる力でしょうか。原稿をはじめ,文献,辞書,教科書などの情報をまとめる作業が多く,理系科目ですが,国語の能力が非常に重要だと痛感しています。
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
「整理整頓」です。初歩的なことですが,スケジュールをきちんと把握したり,情報をすぐに取り出せるようにしておいたり。いろいろな情報やモノがふってくるようにやってくるので,それらをきちんと管理するよう心がけています。
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
一つ一つの作業は地味ですが,編集は非常にやりがいのある仕事です。就職活動は大変だと思いますが,自分に合っていると思えるものに出会えるまで,あきらめずに頑張ってください。そしてそれが第一学習社であったらとてもうれしいと思います。

<広島本社> 編集部・社会課
     三田 征弘 (関西大学・商学部卒)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
担当教科は社会科で,「現代社会」など公民関係の教科書・副教材の編集作業を担当しています。社会,なかでも公民関係では,社会の情勢の変化(たとえば選挙の結果など)に合わせた修正も多く,日々のニュースのチェックは欠かせません。
Q2.この会社を選んだ理由は?
ただただ純粋に本作り,モノづくりがしたかった,というのが一番の理由です。特に,人生で誰もが必ず手にする教科書の編集に魅力を感じたことが大きいです。
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
教科書や資料集などに載っている「世界の人口」や「日本の平均寿命」など,データの更新を毎年おこなっていることもあって,さまざまなデータの出典に詳しくなりました。なかでも,データの出典元に多い政府関係の白書類などは,各省庁のホームページで公開されていることが多いので,データの更新時にはインターネットばかりしていることもあります。
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
(1)編集作業はミリ単位で考えなければならないこと,(2)仕事は日々の積み重ねが大切であることから,「小さなことから,コツコツと…」です。いろいろ考えた結果,結局,どこかで聞いたようなキャッチコピーになってしまいましたが,(1)・(2)の理由から,やはり大切なことなのです。
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
月なみな言葉かもしれませんが,想いが強ければ強いほど,夢はかなうということを忘れないでください。自分の夢を最後まであきらめず,見失わないようにしてください。その上で,モノづくりに興味がある人はぜひ!
〈東京支社〉編集部・社会課
     井上 夏水 (東北大学・文学部卒)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
担当教科は社会で,「地理」の教科書・副教材の編集作業をしています。紙面レイアウトの作成や校正のほか,地理の教材には写真が多数掲載されるので,その手配や選定も行います。また,農作物の生産統計などの統計データを,常に最新のデータを提供できるように更新するのも,地味ですが大切な仕事です。
Q2.この会社を選んだ理由は?
漠然と教育関連の仕事に興味があったのですが,その中でも自分で一から教材を作り上げることができる教科書編集の仕事に惹かれました。高校時代,歴史の資料集や国語の便覧などを読むのが好きだったのも理由の1つです。
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
教材には,学習に必要な知識の他にも,地理に親しんでもらうための話題をたくさん掲載しているので,普段の生活の中から高校生の興味を惹く題材がないか探すようになりました。例えば,海外の話題を扱ったテレビ番組や雑誌などを見る時も,使えそうなネタはないか意識するようにしています。
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
「柔軟に」。既存のものにとらわれず,自分の意見に凝り固まらず,新しい要素や良いと思ったものは柔軟に取り入れながら,より良い教材を作っていきたいと思っています。対外的な対応をすることも多くありますが,その際も柔軟な対応を心がけるようにしています。
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
編集の仕事は表舞台に立つようなものではなく,細かく地道な作業が多いですが,いわば教育の要でもある教科書の制作に携わっていることに誇りを感じます。また,何よりも自分が作った教材が完成し,手にしたときの喜びはひとしおです。ぜひご応募お待ちしております。

UP


部署紹介

UP