部署紹介 情報システム部・デジタルメディア部


情報システム部・デジタルメディア部のお仕事は?

IT分野のスペシャリスト

情報システム部・デジタルメディア部1 第一学習社にはIT分野を専門とする二つの部署があります。一つは"情報システム部"で,汎用コンピュータによる社内基幹システムの開発・管理と新体力テストや進路適性検査といったコンピュータ商品の処理・運用が主な業務です。またもう一つの"デジタルメディア部"ではパソコンソフトの開発とホームページやWeb系サービスの製作を行っています。


教育へのIT活用

情報システム部・デジタルメディア部3 いまどきどんな企業・業種でもコンピュータの利用は当然です。ただ,第一学習社ではこれらIT化を自社内の各システム・各業務だけではなく,学校や家庭などの教育現場で活用されるよう推進していきます。先生の教材作成をサポートし,生徒さんが学習しやすいCD−ROMやインターネット教材,科学的な分析に基づくアドバイスが即座に行える体力テストや進路適性などのIT商品を多く開発し,教育現場へ提供することが使命だと考えています。

こんな人を待っています!

コンピュータ開発言語習得や操作経験が多いに越したことはありませんが,それだけでは良いコンピュータシステムやソフト教材は作れません。まず,ITや教育全般に興味の幅を広げ,自ら学ぶことが必要です。そのうえで冷静・正確な分析力を磨き,創意工夫の努力をすることが望まれます。

また当社のIT部門は,体力テストや進路適性検査等コンピュータ商品の処理運用業務やマシンオペレーションなど(=情報システム部),携帯電話コンテンツの配信やWebでの商品販売など新しい市場やツールの活用など(=デジタルメディア部),一般的なコンピュータのSEやプログラマの仕事だけではなく,いろんな仕事にチャレンジしたい人にとっては働き甲斐のある職場と言えます。

UP


情報システム部 社員へのインタビュー

<広島本社> 情報システム部
     亀田 光 (富山大学大学院・理工学教育部卒)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
社内システムの開発・保守や社内サーバ・PCの設定・管理、弊社商品である「新体力テスト集計分析システム」の開発や運用。
Q2.この会社を選んだ理由は?
大学時代にプログラミングを学んだことでIT系の分野に興味を持ちました。また、教職課程も経ていたことも相まって両方の分野が関係する仕事に就きたいと考えていたことも大きなきっかけとなりました。
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
プログラミング技術やネットワークや各種機器に対する知識、バグに対する恐怖感(笑)が身に付きました。
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
楽しんでやる!(これ大事です!)
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
就職活動は自分の未来に直結する非常に重要なイベントです。不安になることも多々あると思いますが、気楽に構えてちょっとでも興味を持った業種や企業には積極的にアプローチしていってください。自分がやりたいことへの熱意は必ず伝わります。


デジタルメディア部 社員へのインタビュー

<広島本社> デジタルメディア部
     古川 皆美 (広島市立大学・情報科学部卒)
Q1.どんな仕事を担当していますか?
授業で使うデジタル教材や教師用のプリント作成支援ツール,生徒さん向けの各種Webアプリやスマートフォン用アプリなど様々なソフトウェアの制作をしています。 また,教科書など出版物の情報をデジタルデータとしてデータベース化し,学習の多くの場面で運用するためのシステム開発も行っています。
Q2.この会社を選んだ理由は?
プログラマとして働くには電器メーカーの求人が主ですが,教育関係にも興味があり幅広く就職先を探していたところ,教科書出版社で活躍の場があることに惹かれたからです。また,プログラマとして女性が働く環境が少ないのが現状です。しかし,弊社は女性社員も多いことが魅力的でした。
Q3.仕事を通じて身に付いたことは?
常に新しい情報にアンテナをはること。また,弊社のメディア製品は,教科書・副教材に準拠したものが多いので,営業部や編集部の方とのコミュニケーションをとることです。(今後は主役のものをどんどん作っていきたいです)
Q4.あなたが仕事をする上でのキャッチコピーは?
やわらかい頭で,美しいプログラミングを。(それができたら苦労しません)
Q5.後輩の方々へメッセージをどうぞ!
教育に興味がある方,プログラミングが好きな方をお待ちしています。

UP


部署紹介

UP